どくだみ青汁のチカラ

美肌を目指している方は、もちろん食事に気をつけたり睡眠を充分にとったりと、お肌に気をつけていると思います。

今日は、さらに美肌への近道に役立つアイテムを紹介したいと思います。

どくだみって知っていますか?
そう、どくだみは、美肌にとても役立ってくれます。

どくだみをどのように使うかというと、どくだみエキスを使った化粧水にしたり、またどくだみ茶にしたりできます。

おばあちゃんがどくだみの化粧水を肌にパシャパシャとしてたのをみたことありませんか?

どくだみ化粧水は手作りできます!

どくだみの葉を使った化粧水の作り方を紹介しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドクダミの絞り汁は、絞った直後は、独特の強いにおいがしますが、冷蔵庫の中に1~2日置いておけば、においはほとんど気にならなくなります。早くにおいを飛ばして使いたい人は、電子レンジにかけて30秒から1分程度、加熱するといいでしょう。
この絞り汁に、グリセリンとレモン汁、または日本酒を混ぜたら、ドクダミ化粧水ができあがります。グリセリンとレモン汁は、ドクダミの絞リ汁の10%、日本酒ならドクダミの絞り汁と同量を加えます。
例えば、ドクダミの絞り汁が60mlなら、6gのグリセリンと6gのレモン汁、また日本酒の場合は60mlを加えます。レモン汁は、生レモンを自分で絞ります。そうして、ボールにドクダミの絞リ汁とグリセリンとレモン汁を入れて、スプーンなどでしっかりかき回せば、ドクダミ化粧水の出来上がりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手作りでつくれたら、無添加で安心ですね。

でも、これだけじゃ足りない!という方に、もっと強力なアイテムを紹介します。

どくだみの効能をまるごと生でいただいてしまうことができる、「十黒梅」です。
これは、「どくだみの生搾り汁」「黒糖」「梅肉エキス」を混ぜ合わせて、アルコール醗酵させたお酒です。

すごく効きそうでしょう!?

そう、効くんです。
飲んだ後、身体がポカポカしてきて、一週間も続けると、お肌もすべすべしてくるし、身体の調子も良い!
身体の調子が良いから、お肌も綺麗になるんですね。

十黒梅のどくだみ青汁のチカラを紹介しているサイトがあるので、見てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です