Monthly Archives: 9月 2020

「肌断食」というスキンケア

「基礎化粧品をやめたら肌に止め移管が出てきた」
「肌色が良くなってファンデーションがいらないくらい」
「何も塗らないのが一番気持ちいい」
これは肌断食を行った方の感想です。

肌断食とは
「肌に何もつけないスキンケア」
です。
この肌断食を2か月程度続けると先の方のような感想が出てくるのです。

意外とこの基礎化粧品によるスキンケアを一切しない肌断食は気持ち的に大きな抵抗感があるようです
肌断食を最初は二日に1回、1週間に1回
そんなところから始める方も少なくありません。
そんな方でも何も塗らないことで肌の調子が良くなってくることが実感できるようになると
だんだん何も塗らないことが快適になり
いつのまにかファンデーションさえいらなくなった
という方も現れてkるのです。
補聴器 みみ太郎 口コミ

■「毎日なにもつけないなんてありえない!」そう言っていた方々も

肌に何もつけないスキンケアなんて信じられない!
そんな常識に凝り固まった方たちも
「肌をきれいにしたい」
「シミを消したい」
「しわやたるみをなんとかしたい」
「肌の色を明るくしたい」
そんな悩みを解決するために日夜化粧水に始まって美容液、乳液、クリームなど何層にも何段階にも塗り重ねています。
で、果たしてその結果は?というと・・・・
効果があるのかないのかわからない?
いまひとつ効果の実感は無いが不安なためにそれを続けているのではないでしょうか。

一方、「なにもつけないスキンケア」を実践している人は個人差はあれど自分お肌が確実に変わっていくこと実感されていく方が増えています。
補聴器 みみ太郎 口コミ

■ わざわざ時間をかけて自分の肌を傷めつけているだけかもしれない基礎化粧品のスキンケア
私たちの肌はとても正直です。
どんなに高価な化粧品であっても、自分お肌に合わなければそれはあなたも肌には不要なものだということです。
むしろ不要というよりは「余分な負担を肌にかけている」ということなんです。
極端な言い方をすれば
「わざわざ高いお金と手間暇をかけて自分の肌を傷めつけている」ともいえるのです。

肌がきれいな人ほど実はノーメンテナンス

メイクの乗りが悪い?
そんなお肌の悩みを抱えている方も多いです。
プロの鋭い目線から見れば。メイクの下の肌の状態などすぐにわかるそうです。
そんなお肌のプロが秘密にしているのが
基本的にお肌にあまり手をかけていない人ほど肌がきれい
なことなのですい。

でも、お肌のプロはうまく言い逃れもしています。
「お肌がきれいだからこそ、お肌のお手入れをしていないんですよ」
って・・・・
実際、しっかりとメイクをされている人ほど
・肌が荒れやすかったり
・くすみが強かったり
します。
それをカバーするためにしっかりとお化粧しないといけないのです。

■ なぜ【お化粧名人】ほど毛穴が目立つ?
いくつもの化粧品を重ねてつけている人の肌で特徴的なのは「毛穴の炎症」がよく起こっているということがあります。
肉眼で分かるくらいのひどいものから、肌にマイクロスコープを当てて初めて分かることもあります。
開いてしまった毛穴が赤みを帯びていたり、黒ずんでいたりしているのはマイクロスコープだと一目瞭然です。

いつもクリーム系やリキッド系のファンデーションを使っていると、そこに含まれている「油分」や「界面活性剤」が毛穴に入り込んでしまって炎症を引き起こしているのです。
炎症が起こすと毛穴は開き、そのまま固くなって毛穴は開きっぱなしの状態になってしまいます。
慢性的な毛穴の炎症は
・色素沈着
・くすみ
となるのです。

■余計なものはお肌に「つけない」「こすらない」「洗いすぎない」

本来の皮膚は、さわったり、こすったりするところではありあmせん。
肌のお手入れやメイクに熱心な人ほど、朝 肌にいろいろなものを塗り、しっかりとメイクをして

そして夜にはそれをしっかりと落し、そのあとにまた化粧水などを塗ってメンテナンスをしています。
結局 肌はさわったり、こすったり、あらったりと、常に大きな刺激を与えられ続けているのです。
お肌はそれが原因で毛穴が開き。肌は乾燥してしまうのです。
ですから
お肌には
余計なものはつけない
こすらない
洗いすぎない
それを頭に入れてお肌のお手入れはしてください。チャットレディ コツ

肌が若返る理想の食べ物って?

肌が若返る?
そんな理想の食べ物ってないのでしょうか?

美容やダイエットに良いとされているのが
・こんにゃく
・キノコ
・海藻類
などがよく紹介されていますがいずれも身体やお肌にもよい食品です。
しかし、こればかり食べても肌も若返りませんしダイエットも成功しません。
その理由分かりますか?

■ ほとんどの人はすぐに食べ飽きてしまって、それがストレスで挫折してしまう
・こんにゃく
・キノコ
・海藻類
これらがいかにお肌やダイエットに良いといわれてもほとんどの人はすぐに食べ飽きてしまって、それがストレスで挫折してしまうのです。
子なし夫婦 相続 財産分与

・特有の風味が苦手
・独特の食感が受け入れられない
・甘みや脂肪などの今までの食事であたりお前だった味がない
・調理する料理のレパートリーが少なすぎる
人によっていろんな理由がります。、
どうしても嫌々食べているのであればストレスを感じてすぐにやめてしまいます。
最悪なのはその反動でドカ食いをしてリバウンドしてしまうことです。
今までの我慢のストレスからそれこそ一気に爆発してしまうんですね。
だから余計に食べてしまって
お肌が若返る
ダイエットする
どころか
お肌に張りがない、シミができる、しわが目立つ
太る、スタイルだなど体形が崩れる
という逆効果になるのです。

■食物繊維の豊富なこんにゃく・キノコ・海藻
こんにゃく・きのこ・海藻類には豊富な食物繊維が含まれています。
そのどれもがほとんどカロリーもありません。
この食物繊維は
水に溶ける水溶性食物繊維
水に溶けない不溶性食物繊維
があります。
どちらも便秘などお通じの改善に効果的です。
お通じが改善されれば必然的に肌も若返ります。

こんにゃくはボリュームたっぷりですが実はその97パーセントが水分です。
こんにゃくに含まれる食物繊維である「コンニャクマンナン」は水溶性の食物繊維
これが糖質や脂質の吸収を抑える効果は良く知られています。
よく似た名前の商品がよくテレビCMでも流れているのでご存知だと思いあmす。
キノコは不溶性食物繊維が豊富で、消化にも時間がかかり満腹感が持続します。
海藻類は水溶性食物繊維が豊富で腸内で栄養の吸収をゆっくりにします。
とはいえカロリー制限だけではお肌の若返りには逆効果の場合もあるのでお気をつけくださいね。