肌がきれいな人ほど実はノーメンテナンス

メイクの乗りが悪い?
そんなお肌の悩みを抱えている方も多いです。
プロの鋭い目線から見れば。メイクの下の肌の状態などすぐにわかるそうです。
そんなお肌のプロが秘密にしているのが
基本的にお肌にあまり手をかけていない人ほど肌がきれい
なことなのですい。

でも、お肌のプロはうまく言い逃れもしています。
「お肌がきれいだからこそ、お肌のお手入れをしていないんですよ」
って・・・・
実際、しっかりとメイクをされている人ほど
・肌が荒れやすかったり
・くすみが強かったり
します。
それをカバーするためにしっかりとお化粧しないといけないのです。

■ なぜ【お化粧名人】ほど毛穴が目立つ?
いくつもの化粧品を重ねてつけている人の肌で特徴的なのは「毛穴の炎症」がよく起こっているということがあります。
肉眼で分かるくらいのひどいものから、肌にマイクロスコープを当てて初めて分かることもあります。
開いてしまった毛穴が赤みを帯びていたり、黒ずんでいたりしているのはマイクロスコープだと一目瞭然です。

いつもクリーム系やリキッド系のファンデーションを使っていると、そこに含まれている「油分」や「界面活性剤」が毛穴に入り込んでしまって炎症を引き起こしているのです。
炎症が起こすと毛穴は開き、そのまま固くなって毛穴は開きっぱなしの状態になってしまいます。
慢性的な毛穴の炎症は
・色素沈着
・くすみ
となるのです。

■余計なものはお肌に「つけない」「こすらない」「洗いすぎない」

本来の皮膚は、さわったり、こすったりするところではありあmせん。
肌のお手入れやメイクに熱心な人ほど、朝 肌にいろいろなものを塗り、しっかりとメイクをして

そして夜にはそれをしっかりと落し、そのあとにまた化粧水などを塗ってメンテナンスをしています。
結局 肌はさわったり、こすったり、あらったりと、常に大きな刺激を与えられ続けているのです。
お肌はそれが原因で毛穴が開き。肌は乾燥してしまうのです。
ですから
お肌には
余計なものはつけない
こすらない
洗いすぎない
それを頭に入れてお肌のお手入れはしてください。
チャットレディ 稼ぐコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です