「肌断食」というスキンケア

「基礎化粧品をやめたら肌に止め移管が出てきた」
「肌色が良くなってファンデーションがいらないくらい」
「何も塗らないのが一番気持ちいい」
これは肌断食を行った方の感想です。

肌断食とは
「肌に何もつけないスキンケア」
です。
この肌断食を2か月程度続けると先の方のような感想が出てくるのです。

意外とこの基礎化粧品によるスキンケアを一切しない肌断食は気持ち的に大きな抵抗感があるようです
肌断食を最初は二日に1回、1週間に1回
そんなところから始める方も少なくありません。
そんな方でも何も塗らないことで肌の調子が良くなってくることが実感できるようになると
だんだん何も塗らないことが快適になり
いつのまにかファンデーションさえいらなくなった
という方も現れてkるのです。
補聴器 みみ太郎 口コミ

■「毎日なにもつけないなんてありえない!」そう言っていた方々も

肌に何もつけないスキンケアなんて信じられない!
そんな常識に凝り固まった方たちも
「肌をきれいにしたい」
「シミを消したい」
「しわやたるみをなんとかしたい」
「肌の色を明るくしたい」
そんな悩みを解決するために日夜化粧水に始まって美容液、乳液、クリームなど何層にも何段階にも塗り重ねています。
で、果たしてその結果は?というと・・・・
効果があるのかないのかわからない?
いまひとつ効果の実感は無いが不安なためにそれを続けているのではないでしょうか。

一方、「なにもつけないスキンケア」を実践している人は個人差はあれど自分お肌が確実に変わっていくこと実感されていく方が増えています。
補聴器 みみ太郎 口コミ

■ わざわざ時間をかけて自分の肌を傷めつけているだけかもしれない基礎化粧品のスキンケア
私たちの肌はとても正直です。
どんなに高価な化粧品であっても、自分お肌に合わなければそれはあなたも肌には不要なものだということです。
むしろ不要というよりは「余分な負担を肌にかけている」ということなんです。
極端な言い方をすれば
「わざわざ高いお金と手間暇をかけて自分の肌を傷めつけている」ともいえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です