弱酸性の石鹸って実は意外とお肌にやさしくはない

「お肌に優しい弱酸性」
これ洗顔フォームやボディソープのCMでもよくアピールされています。
でも弱酸性の洗顔フォームやせっけん、液体せっけんは必ずしもお肌に優しいとは限らないことおあるのです。

お肌そのものは弱酸性ですから、肌と同じ弱酸性がいい
それは当然と言えば当然です。
しかし、もともと石鹸というものはアルカリ性です。
ですかこのせっけんのアルカリ性を弱酸性にするためにいろいろな成分が加えられているのです。
さらに、その成分を加えることによって本来の持つ石鹸の洗浄力は落ちてしまいます。
その洗浄力低下を補うために合成界面活性剤が使われるのです。

弱酸性はお肌に優しくても、弱酸性の洗顔フォームやせっけん、液体せっけんには合成界面活性剤などおはdのバリアを壊す成分がたくさん入っていることにもなるのです。
石鹸による洗顔でお肌がアルカリ性に方むのが不安に感じる方も多いです。でも、もともとお肌は弱酸性ですのでアルカリ性のせっけんを使うことでお肌につけた洗浄成分をうまく中和されて、刺激を少なくして汚れを落ちしてくれるのです。
またお肌の表面にはさまざまな種類の細菌(常在菌)が存在し、これらがお肌のバリア機能の役割も果たしているのです。
カビや雑菌はアルカリ性を好むと言われていあmす。
そこでこの常在菌が肌を弱酸性に保つことで、カビや雑菌がお肌へ侵入することを防いでくれているのです。
なにもしなくても自然に整えてくれることをわざわざ壊すようなことをしている?
弱酸性の洗顔フォームやボディソープやせっけんにこれが癒える場合もあるのです。
布団 クリーニング 宅配
現代女性は超が付くぐらい清潔好きです。
ですから毎日毎日しっかりと顔を洗います。
しかし、お肌のことを考えたらむしろ洗いすぎない方がよいのです。
朝ならぬるま湯で軽くすすぐ程度
夜には純石鹸を泡立てて肌に乗せる程度
それで十分なのです。
特別なメイクをしている時はまた話は別ですが、普段のメイク程度なら、多少のメイクの落としがが残っていてもそれほど気にする必要はないのです。
あまりに汚れにこだわり、。こすって落とそうとするからお肌に大きなストレスをかけてしまうのです。
弱酸性にこだわるいよりもそちらのほうが問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です