美肌成分がかえって肌トラブルの原因となる

お肌によさそうな化粧品にも有害な化学物質が配合されていることもありことを知っていますか?
今は手作りの化粧品と天然オイルででお肌のお手入れをする方が増えているのもそんな理由からです。

女性はいつも欲張りです。
美白もしたい
シワも目立たなくしたい
できればw買い頃のお肌に戻したい
そんな欲張りな効果を探して片っ端かr田いろいろなお化粧品を使います。

でも気を付けてください。
化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
非イオン界面活性剤
両性界面活性剤
さまざまな防腐剤
さまざまな美肌成分
それらが
影響し合うことによてかえって「お肌に大きな悪影響を与えていることもあるのです。
単独の効果は美肌に良くても、それぞれが相互に干渉影響し合うことでその効果が変化する場合も多いのです。

◎非イオン界面活性剤・両性界面活性剤・水添レシチンを含む合成界面活性剤
◎防腐剤
◎セラミド配合した者

時にお肌のスイムんや細胞をつなぐセラミドは水にも油にも溶けず、これをは異議うするために合成界面活性剤は必要です。
セラミド類が配合されている化粧品にはセラミドの効果以前に合成界面圧政剤の害があるのです。

◎ビジュア
ヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、皮膚に無害な美肌物質を言われていますが、たくさんの人が肌トラブルを起こしています。
◎APPS
高浸透型ビタミンCです。
少しでもお肌のバリア機能を崩れていると強い肌刺激を感じてしまいます。
◎加水分解コラーゲン・加水分解エラスチン・加水分解酵母タンパク・加水分解シルク・水溶性コラーゲン
これらは一見お肌をつやつやにしてくれそうですが、分子量が小さく皮膚細胞の間に入り込みます。
これがかえってたくさんの人にお肌トラブルを招いています。
◎ヒノキチオール・ローズマリーオイルエキス・グレープフルーツ種子エキス・レウコノストック
これらは天然の防腐剤ですが、」お肌の弱い方には要注意の成分です。

いかがですか?
お化粧品の中に含まれる美肌成分委には良い効能も悪い効能もあるのです。
よもぎ蒸し 自宅 デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です