カードローンの重要な審査基準について

カードローンの審査基準は何が大切なのか?

カードローンの審査基準は、まず収入と支出のバランスをチェックされます。収入というのは自身の年収です。勤めている人ならば会社から源泉徴収票や給与明細などもらうと思いますがそれを見ればすぐに分かります。年収と言われてよく「総支給額」か「手取り額」か分からない人もいると思いますがここでのカードローン申し込み時の収入というのは「総支給額」のことです。実際に手取りは少なくなると思います。

源泉徴収票なら一目で支給額が分かりますし、給与明細ならカードローン会社の申し込みでしたら直近の3ヶ月分の明細があれば大丈夫です。

そして支出ですが、これは他社からのカードローン借り入れがあるかないかです。カードローン借り入れ以外にもクレジットカードを持っている人ならクレジットカードでのキャッシングもこの対象になります。どれだけお金を借りているかで収入に見合った借り入れ額も変わってくることを覚えておいた方がいいでしょう。

 

カードローン審査で忘れてはいけないのは?

カードローンの審査基準ですが、まずは自身の収入です。収入は年収で計算して良いので実際の手取りの給与とは別なので年収で言ったら思っているよりも多いと感じるでしょう。働いている方は勤務先から年に一回、源泉徴収票というものをもらうと思います。その源泉徴収票の支給額の欄を見れば一発で分かります。収入証明で源泉徴収票の提出も求められると思うので保存しておいた方が良いでしょう。出来れば最新の源泉徴収票が望ましいです。

収入の基準の次は支出です。審査の際にはこちらの支出の方がしっかり見られるカードローンの会社もあります。支出というのは要はローンがあるかないかです。もし仮に他社からのカードローンを利用していたらそれも支出の項目に値しますし、正確に借入額も申告しなければなりません。借入額によって貸し出せる額も変わってくるので他社からの借り入れをしている方は必ず正確に数字を申告しましょう。

収入と支出の二つの要素がカードローンでの審査基準となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。