カードローン審査の基本的な流れについて

カードローン審査の二つの流れ

カードローンの審査の流れは大きく分けて二つあります。

まずひとつめが仮審査です。この仮審査は最初のインターネットや電話からの申し込み内容に基づいて簡単に審査をします。この審査が通らない限りは次の審査へ行けません。どのような内容かというと登録情報の信憑性や収入に見合った借り入れ額かどうか、他社の借り入れ情報などあれば間違っていないかということを確認します。この仮審査は一時間ほどで終わるものが多いので早く結果は出やすいです。

次に仮審査の後の本審査になります。

この本審査では信用情報機関に問い合わせて本人照会をします。過去に借り入れや支払いで延滞や返済事故がないかという情報を確認します。もし借り入れる本人が少しでも不安があるなら申し込みの始めに伝えておくといいと思います。信用第一のカードローンの審査ですから正直に情報を伝えることも大事なことです。

以上のふたつの審査が終わるとあとは本人確認の為に収入を得ている会社や勤め先に在籍確認の電話が来ます。

そこまで終わればあとはカードローンカードを発行して利用可能となります。

 

カードローン審査の流れで気を付ける事

お金を借りる方法のひとつにカードローンがあります。カードローンでお金借りる為には所定の審査に通らなくてはなりません。そこで審査に通る為にはまず申し込みの記入を正確に書くようにしましょう。

特に、会社関連、正社員だとか契約社員だとかの記入や現在の借入件数や金額で嘘を書かないようにしましょう。その後の審査の流れに悪影響を与えてしまいます。

業者はまず申し込みの記入に対して、一定の収入があるか、借入件数が多くないかなど総合的に返済能力があるのかどうかの判断の上、合否判定を致します。

たとえ嘘の申告をしても、個人情報の取得で分かってしまいます。申し込み後の審査の結果、融資が可能であれば大抵電話連絡がきます。

その後、在籍確認、身分証明書の確認を行い、問題のない場合に融資が確定いたします。

その他注意点は1ヶ月に申し込みをするのはできれば3件まで。3件を超えて申し込みをすると、申し込みブラックとなり、審査以前に否決の連絡が入ってきてしまいます。

1~2件に絞りこんで審査合格を狙いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。